アウトドアグッズにも便利!LED照明を上手に使おう!


明度が高く虫も寄ってこないのが大きな魅力

LEDの光は拡散しにくい性質なので明度が高く、日中でも明るく照らすことができます。また、使用時には紫外線を放出しないので虫が寄って来る心配がありません。そのため、キャンプやバーベキューなど屋外でのレジャーに最適です。LEDを使ったアウトドア用の照明機器も多数販売されているので、上手に使いこなせば屋外のレジャーをより快適に楽しむことができます。また、LEDは長時間使い続けてもほとんど発熱しないので、夜間の照明として使うのに便利です。

衝撃に弱いので取り扱いには注意が必要

LEDは従来の照明機器と比べると電力消費量が少ないので長く使っても途中で暗くなる心配はほぼありません。電源が確保できない屋外でも快適に使うことができますが、その一方で衝撃には非常に弱いので丁寧に扱う必要があります。少しぶつけただけでも性能が大きく落ちてしまうので、屋外でLEDを使う際はキャンプ用品など頑丈な作りの製品を選ばなければいけません。屋内で使うことを前提にした室内用ライトなどはすぐに壊れてしまうので、アウトドアレジャーには不向きです。

購入費はやや割高だがコストパフォーマンスが高い

LEDを使った照明機器は明度の高さや発熱しないなどの利点から、旧式の照明機器よりもやや割高です。しかしLEDは耐用年数が非常に長く、一般的なアウトドア用品向けの照明機器なら約5万時間は明度が保たれます。そのため、一度購入すればほぼ買い替える必要は無いので支出を低く抑えることができます。コストパフォーマンスが非常に高いのがLEDの大きなメリットなのです。

LEDライトパネルは、多彩な色合いで画面表示が出来る事が売りであり、美術館・サービスエリア・鉄道駅などで使われています。