手描きよりも正確な製図が可能!!情報の共有もしやすい!!


CADの製図情報はばらつきが少ない

物作りをするときにどんなものを作るかの設計図が必要な時があり、設計を専門に行う人に設計図を描いてもらいます。設計図の描き方は人によって異なり、昔ながらの方法で紙に鉛筆や定規などを使って作成する人もいればCADを使って作成する人もいます。鉛筆や定規で作成された製図は職人によってばらつきがあり、非常に利用しやすいものならCADで作成されたものよりもわかりやすい時もあります。ただ熟練度が低い人が製図したものだとわかりにくい部分も多く出てくるようです。一方CADでの製図は熟練している人と経験が浅い人の差が少なく、経験のあまりない人が作成したとしてもそれなりに使えます。紙に鉛筆で描いて作成する方法よりもCADの方が作成のための技術を習得しやすいメリットがあります。

CADの情報は色々な形で共有しやすい

製図をするときに紙に鉛筆を使う方法だと、間違えた時には消しゴムで消し新たな線などを描いていきます。そして最終的に完成した設計図がその後原本として残されるのでしょう。となるとそれ以前の段階の情報が残されていない可能性があります。CADで作成するときは色々なタイミングで製図情報が保存できるので、修正前と修正後の情報なども残せます。既に製作が始まっているケースだと最初は修正前の設計図が使われていて、後で修正後の設計図を使うときもあるでしょう。手描きだと原本からコピーなどで必要な人に配る必要がありますが、CADであればネットワークを通じて原本と同じ情報を必要な人に配布できます。修正前と修正後を一緒に配布するなども可能です。

水道CADはPCを用いた水道の設計ツールで、配管の設計と工事図面や申請書類の作成まで、すべて自動で行えるので効率的です。細かなチェックはソフト上で行い、従来の手書きによる設計ミスも防げて工期短縮も可能です。