うつ病を治す最新治療法「磁気刺激治療」とは?


アメリカ生まれの新しい治療法

近年増加傾向にあるうつ病は、気分を落ち込ませ、やる気を削ぎ、悪化するととてつもない喪失感と絶望感が患者を苦しめるこころの病気です。かつては病気への偏見や誤解もありなかなか治療までたどり着くことができず、困難な状況に置かれる人も少なくありませんでしたが、昨今では社会全体に病気のことが広く知られるようになり、自らの意思や家族のサポートで専門のクリニックを訪れる患者も増えました。

現在うつ病患者への治療として一般的に行われているのが、抗うつ剤を使った投薬治療です。この方法では薬を使い脳内物質のバランスを整えることでうつ状態の改善をはかるのですが、患者の中には抗うつ剤への抵抗感や、副作用の影響で投薬を避ける人も多くいます。また服薬しているものの、治療期間が長引くことに不信感を抱いている人も少なくありません。

そこで、いま注目されているのがアメリカで生まれた新しいうつ病治療法、磁気刺激治療です。

うつ病治療における磁気刺激治療とは?

磁気刺激治療は、反復経頭蓋磁気刺激法とも呼ばれており、アメリカでの呼び名からTMS治療と呼ばれることもあります。磁気刺激治療では、脳の特定部位に磁気刺激を与えることで血流を促進させ、落ちてしまった脳機能を改善させることでうつ状態の回復をはかります。投薬治療に比べ副作用が少なく、治療期間も短くなることから、患者への負担が少なくてすみ、うつ病の新たな治療法として大きな注目を集めています。日本国内では一部の医療機関でこの治療を受けることができ、今後も話題を呼びそうです。

光トポグラフィー検査は近赤外光を使用して、うつ状態の原因である精神疾患の鑑別診断の補助をします。これにより、うつ病、双極性障害、統合失調症のうちどの可能性が高いかがわかります。